Visionary

ALL FOR FUN

書籍の紹介

「第4次激辛ブームの要因」と「ストレス低減法」

今、「第4次激辛ブーム」であることをネット記事で知った。湖池屋のスナック菓子「カラムーチョ」で「激辛」が流行語になった1980年代が第1次ブームらしい。第2次は韓国ドラマ、第3次は唐辛子「ハバネロ」が、激辛ブームのきっかけになったという。リク…

千利休、生誕500年に想う〜自分の人生を豊かにクリエイトするための「本質を見抜く方法」〜

安土桃山時代の茶人・千利休が、今年で生誕500年を迎えた。利休は、茶席で高価な中国製陶器(唐物)などを尊んだ時代の風潮に対して、簡素・簡略な「わび茶」を大成したことで有名だ。身分に関係なく、狭い茶室で膝を突き合わせ、茶でもてなす「心の通い合い…

新年度に思う、「幸せ時間」をつくるためのキーワード〜「記録」と「捉え方」〜

いよいよ新年度が始まった。新入社員や新入生の中には、新たな目標を掲げた人も多いのではないだろうか。新型コロナ感染の影響は続いているが、より良い年度になることを願う。先日、よみうり生活応援隊会員へのアンケート調査記事を読んだ。今後、生活習慣…

「新幹線のぞみデビュー30周年」から思う「【誇り】【生きがい】そのための【認め合う風土】【現場の知恵】の大切さ」

東海道新幹線「のぞみ」が3月14日、デビュー30周年を迎える。1992年に、「ひかり」よりも速い特急として誕生し、東京ー新大阪間を約30分短縮した。2020年にデビューした最新の「N 700S」は、最高速度が285キロに達するという。東京ー新大阪間は最短2時間21分…

「住みたい街ランキング」から学んだ「引き算する勇気」の重要性

3月3日、「首都圏住みたい街ランキング2022」が発表された。住宅サイトSUUMOが1万人に調査したものだ。1位は横浜、2位は吉祥寺、3位は大宮だった。ランキングで、特に目を引いたのは、2021年の39位から16位へ急上昇した千葉県の「流山おおたかの森」だ…

「都道府県別健康寿命ランキング」をきっかけに考えた「健康寿命のためのポイント」〜「自問」と「朝の日課」〜

昨年12月、厚生労働省は、男性72.68歳、女性75.38歳という健康寿命推計結果(2019年時点)を公表した。健康寿命とは、健康上の問題で日常生活を制限されずに暮らせる平均的な期間のことだ。日本は世界有数の長寿国と言われているが、平均寿命から健康寿命を…

北京オリンピック銅メダル 堀島行真選手の思考からの学び〜「好き・楽しい」と「未知への挑戦」〜

堀島行真選手が、北京オリンピックのスキーモーグル男子で今大会日本勢第1号となる銅メダルを獲得した。TVでインタビューを聞き、堀島選手の考え方をもっと知りたい、と直感的に感じた。いくつかのネット記事を読み、気づきや学びを得た。4年前の平昌オリ…

青学大 箱根駅伝の圧勝から学ぶ 〜「自律」と「目標」と「観察」の重要性〜

今年正月の箱根駅伝。青山学院大学が大会新記録で圧勝した。2015年に初優勝し、それから8年で優勝は6度。「強さ」の秘訣はなんだろう。初優勝の時から、TVや新聞、書籍、ネット記事などで、青学大を率いる原監督の数々の言葉を目にしてきた。あらためて印…

「理想の上司」の変遷調査結果から学べる視点〜「LISTEN」というキーワード〜

昨年11月10日の読売新聞で、学校法人産業能率大学総合研究所で毎年実施されている「新入社員の理想の上司」調査結果記事を目にした。そこには、理想の男性上司の変遷が掲載されていた。2021年度の1位はムロツヨシさん。因みに、1999年度の1位は、プロ野球…

「昨年売れたものランキング調査結果」から思う「人生100年時代の大切な考え方」

昨年12月、「2021年 売れたものランキング(株式会社インテージ調査)」の記事をネットで目にした。スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど全国約6000店舗の小売店の昨年1月〜10月の販売データを集計し、前年からの販売金額の伸び率で順位をつけたものだ。…

自転車開発販売チェーン「あさひ」の発展のポイントを探る〜本当に実現したいVisionの追求〜

昨年、快適な自転車ライフを提供する「株式会社あさひ」が、500店舗を達成した。達成記念として企画されたコンテストが、これまでの「あさひ」の発展を象徴する企画だと感じた。それは、あったらいいな、こんなサービスあったらいいな、こんなお店あったらい…

キリンホールディングス・吉本興業・近畿大学・浜松市の「笑いの共同研究」から思う「感謝の心」

キリンホールディングスの研究機関「キリン中央研究所」が昨年11月24日、笑うことで集中力とストレスが改善される、とした研究結果を発表した。吉本興業と近畿大学などと共同で実施した臨床研究で確認したという。静岡県浜松市在住の男女25人を対象に、漫才…

2021年の今年の漢字「金」から思う。〜自分ブランドへの挑戦〜

12月13日。日本漢字能力検定協会は、2021年の世相を一字で表す「今年の漢字」を発表した。全国公募により決定し、京都市の清水寺で森清範貫主が揮毫した漢字は「金」だった。「今年の漢字」は、1年を振り返り、世相を表す漢字一字を考えることで、漢字の奥…

「都道府県魅力度ランキング」から考える「ブランドのポイント」ー「引き算」と「軸」を意識した「問いかけ」ー

10月9日、民間調査会社「ブランド総合研究所」は、今年の都道府県魅力度ランキングを発表した。1位は北海道。都道府県の調査開始から13年連続の1位だそうだ。2位は京都府で、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県・・・と続く。具体的…

内発的動機を引き出す必須スキルを学びたい人にオススメの一冊「リフレクション(熊平美香著/Discover)

社員の内発的動機を引き出す必須スキルを学びたい人にオススメの一冊をご紹介したい。その本は、「リフレクション(熊平美香著/Discover)。日常の人付き合いや対話が苦手な人にもオススメ。リフレクションとは、自分の内面を客観的、批判的に振り返る行為で…

「これからの時代に求められるリーダー」について考えたい人にオススメの一冊。「創造と変革の志士たちへ(堀義人著/PHP)」

「これからの時代に求められるリーダー」について考えたい人にオススメの一冊をご紹介しよう。その本は株式会社グロービスの創設者、堀義人氏の「創造と変革の志士たちへ(PHP)」だ。この本を読み返すと、情熱が湧いてくる。少し紹介してみよう。・際限なく…

連休中、人生・仕事について考えたい人にオススメの一冊。「仕事の哲学(P.F.ドラッカー著/ダイヤモンド社)

連休中、人生や仕事について、あらためて考えたい人にオススメの一冊をご紹介しよう。その本は、「仕事の哲学(P.F.ドラッカー著/ダイヤモンド社)」。2003年に書かれた本だが、普遍的な内容で、「私の人生・仕事のバイブル」でもある。内容を一部抜粋してみ…

壁にぶち当たった若者や40代50代にオススメの一冊「リード・ザ・ジブン(宇佐美潤祐著/東洋経済新報社)」

壁にぶち当たった若者や、会社人生後半戦の40代・50代にオススメの一冊をご紹介します。その本は、「リード・ザ・ジブン(宇佐美潤祐著/東洋経済新報社)」です。筆者の宇佐美さんが、BCGでの組織プラクティスの責任者、ファーストリテイリング(ユニク…

心を熱くしたい人にオススメの一冊。「一日一話、読めば熱くなる365人の仕事の教科書(致知出版社)

心を熱くし、仕事力や人間力を磨きたい人にオススメの一冊をご紹介します。その本は、「一日一話、読めば熱くなる365人の仕事の教科書(致知出版社)」です。一日の朝に、一話ずつ読むのも良いですね。生きる活力が湧いてくると思います。仕事にも人生にも真…

自分ブランドをつくりたい人にオススメの一冊。「引き算する勇気(岩崎邦彦著/日経ビジネス人文庫)」

自分ブランドをつくりたい人にオススメの一冊をご紹介します。その本は、「引き算する勇気(岩崎邦彦著/日経ビジネス人文庫)」です。「本書のメッセージは、極めてシンプルです」と書かれているとおり、この本は具体的な事例を交えながら、すごく明快にわか…

コミュニケーションに悩んでいる人にオススメの一冊。「ヤフーの1on1(本間浩輔著/ダイヤモンド社)」

コミュニケーションに悩んでいる人にオススメの一冊をご紹介します。ビジネスはもちろん、子育てなどのプライベートにも参考になる本だと思います。その本は、「ヤフーの1on 1 (本間浩輔著/ダイヤモンド社)」です。1on 1 ミーティングは、著者の本間さん…

コロナ禍で、マネジメントに悩んでいる人にオススメの一冊。「なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか(田坂広志著/PHP研究所)

コロナ禍でもあり、マネジメントに悩むリーダーの方々も多いのではないでしょうか。テレワークで、メンバーとのコミュニケーションがなかなかうまく進まず悶々とされていたり、自分から進んで提案されるメンバーや前向きに自走されるメンバーが少ないと嘆い…

コロナ禍の今、新たな事業にチャレンジしたいと思う人にオススメの一冊。「経営の哲学(P.F.ドラッカー著/ダイヤモンド社)」

コロナ禍の今、新たな事業にチャレンジしたいと思う人にオススメの一冊をご紹介します。その本は、「経営の哲学(P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社)」です。今、コロナ禍で、経済的な不安を抱える人が多いと思います。この状況の中で、新たな事業に転換せざる…

不確実な時代に生きるヒントを見つめたい人にオススメの一冊。「論語と算盤」の思想入門(守屋淳 著/NHK出版)

新型コロナ感染の影響もあり、これからの時代は、ますます不透明で答えのない時代に突入しているように思えます。今回は、これからの不確実な時代に生きるヒントを見つめたい人にオススメの一冊をご紹介します。その本は、「論語と算盤」の思想入門(守屋淳 …

目標が実現できずに悩んでいる人にオススメの一冊。「鬼速PDCA(冨田和成著/クロスメディア・パブリッシング)

いつも目標が実現できずに悩んでいる人にオススメの一冊をご紹介します。その本は、「鬼速PDCA(冨田和成著/クロスメディア・パブリッシング)」です。いまさら、PDCA(仮説・実行・検証・調整)?と思われる醸してませんが、されどPDCAなのです。これまで私…

未来の教育について学びたい人にオススメの一冊。「EdTechが変える教育の未来(佐藤昌宏著/インプレス)

今、大きく教育の在り方が変わろうとしています。子育て中の方や教育関係の方だけではなく、人生100年時代へと進み、「学び直し」「リカレント教育」などもキーワードになりつつ今、より多くの方にオススメしたい一冊をご紹介します。その本は、「EdTech…

新年度に向けて。実現したい状態や目標、計画を考える時のオススメの一冊。「KPIマネジメント(楠本和矢著/すばる舎)

新年度に向けて、単年度計画など、実現したい状態や目標、計画を考えているビジネスマンや事業者の方々も多いのではないでしょうか。そこで、実現したい状態や目標、計画を考える時のオススメの一冊をご紹介します。その本は、「KPIマネジメント(楠本和矢著…

年末年始にオススメの一冊。仕事がうまく進まない人へ。「BCG 次の10年で勝つ経営〜企業のパーパス(存在意義)に立ち還る〜」

新型コロナ感染で、年末年始にオススメの一冊。仕事がうまく進まなくて、悩んでいる方へ。「BCG 次の10年で勝つ経営〜企業のパーパス(存在意義)に立ち還る〜(日本経済新聞出版)」をご紹介します。世の中が不確実性を高めている今、あらためて「自分自…

人生を良くしたいと願う人にオススメの一冊。「凡事徹底(鍵山秀三郎著/致知出版社)

自分の人生をより良くしたい、より心豊かな人生を送りたい、と願う人にオススメの一冊をご紹介します。その本は、「凡事徹底(鍵山秀三郎著/致知出版社)」です。鍵山さんは、「掃除」を通じて、素晴らしい会社の風土を築かれている方で、株式会社ローヤル(…

仕事の質とスピードを高めたい人にオススメの一冊。「仮説思考(内田和成著/東洋経済)」

仕事の質とスピードを高めたい人にオススメの一冊をご紹介いします。その本は、「仮説思考(内田和成著/東洋経済)」です。この本は、ビジネスマンやフリーランサーだけではなく、これからの時代を生きていく学生やさまざまな人に読んでいただきたい一冊です…